*

シャンプーの3つのタイプ

シャンプーには3つのタイプが存在します。

 

・アルコール系シャンプー

「天然」と「合成」の2種があり、天然は合成界面活性剤、合成は石油から作られています。

強い洗浄力と泡立ちの良さ、安いのが特徴です。

この特徴から、市販のシャンプーの多くに含まれていますが、洗浄力が強すぎて皮脂を根こそぎ奪い髪が痛むため、補うためにシリコンが使わています。

 

・アミノ酸系シャンプー

「天然」と「合成」の2種があり、どちらも弱酸性、アミノ酸系の成分は髪を保護するため、頭皮や髪に刺激が少なく、傷みにくくなっています。

反面、洗浄力は弱く、価格は高めが特徴です。

オイリーな方だとスッキリした洗い上がりには、2度洗いが必要になります。

 

・石けんシャンプー

刺激の少なさと、高い安全性が特徴です。

敏感肌の方や赤ちゃんにも使用でき、環境にも優しい成分で出来ています。

酸性の頭皮を、石けんがアルカリ性にしてしまうので、クエン酸などのリンスで酸性に戻す必要があります。

髪にきしみ感が残るデメリットがありますが、頭皮には一番安全なシャンプーです。

 

どのシャンプーにもメリット、デメリットがあり、どのタイプを選ぶかは、自分の頭皮の肌タイプを考えてからになります。

美容室の求人